離婚弁護士

天海祐希がはまり役の今どきの結婚事情を扱ったドラマ

「離婚弁護士」は2004年~2005年に放映されたフジテレビ系の連続ドラマです。

ドラマは2シーズンとスペシャルドラマ版があり、全編を通して天海祐希が主演で弁護士役を演じていました。

主人公である間宮貴子(役:天海祐希)はもともとは別の弁護士事務所で活躍をしてきた女性弁護士で、自ら独立開業をすることでなりゆきとはいえ離婚を専門に扱う弁護を主に行うことになります。

最初は自分の考えていたような弁護士業務でないことに不満を感じていたのですが、周囲のスタッフや訪れる顧客たちとの会話を通してやがて今の仕事について深く考えていくようになるというのが全体を通してのあらすじになります。

「離婚弁護士」というタイトルだけを見ると登場する人たちみんなが離婚をしたくて争う事例ばかりが出てくるかのように思えますが、ドラマでは必ずしも離婚に至る事例ばかりがあるわけでなくもっと広く社会問題を取り込んだ構成をしていました。

素人にもわかりやすい法律の解説が楽しい

法律を扱ったドラマはかなりたくさんありますが、この「離婚弁護士」のように家庭関係の問題を中心にしたものはそれほど多くはないように思います。

また普通法廷もののドラマというと現場で事件を調べる刑事や検察官が中心になっていたりするので、弁護士というと既に何か犯罪を犯した人を弁護するかのようなよくない印象もあったりします。

ですがこのドラマに出てくる弁護士さんは刑事事件のように有罪・無罪をはっきりさせるために仕事をするのではなく、どういった解決方法があるかということを考えていくというところに魅力がありました。

難しい法律についてもわかりやすくドラマに取り入れてくれていて、かなり見ていて勉強になったと思います。

離婚弁護士 はコメントを受け付けていません。