ビブリア古書堂の事件手帳です

ネットではいろいろ言われている「ビブリア古書堂の事件簿」ですが、先日さっそく見てみました。

実は私、この原作になっている「ビブリア古書堂の事件手帖」をドラマ化される前から知っていたので、
ドラマになると聞いてかなり複雑な心境になったんですよね
ビブリア古書堂の事件簿 公式サイト

正直ちょっと配役が主人公のイメージに合わないかな~なんてちょっと偉そうなこと言ってみたくなっちゃったりして。

まあ、そのミスマッチを狙っての配役だと思うのでそれはそれでそういうもんかなと今は思ってます。

ただ先に原作を読んでしまっているので話のあらすじをだいたいわかっているので
どうしても先の読めないワクワク感がないですね。

もし小説や漫画をぜんぜん読んでなくて初見で見た人なら、
謎解きを面白いと思ってみていくことができるんじゃないかなって気がします。

小説の方ですが、私はやっぱりあの細身だけどモテ体質の栞ちゃんの魅力に引かれますね。

普段はあまりたくさん文章とか読まない私なんですが、きちんと読みやすい文章にまとまっているので
さくさく読めちゃうし、本当にここ最近の小説の中でも大当たりだったと思います。

漫画の方も原作に忠実で登場人物たちをかっこかわいく描いてくれてるし、
まさに世界観をそのままひきついでくれたかなというふうに思います。

今後どういう展開になっていくかわかりませんが、様子を見つつ鑑賞していきたいですね。